高血圧対策はむりせず豆乳とヨーグルト入り味噌で

独身の気ままな食生活で高血圧や高尿酸血症に

田中と申します。私は45歳の男性で和歌山県和歌山市在住です。仕事は自営業をしています。

自営業といっても小売店経営で、毎年健康診断を受けるでもなく健康管理を疎かにしてきました。

40歳を過ぎてから受けた特定検診の結果、高血圧や高尿酸血症になっていました。(血圧145/90 こちらに血圧正常値の判断基準があります>高血圧対策ネット

私は独身一人暮らしで気ままな食生活を続けていた為に、このような状態になったのだと考え、体調を整えるべく食事に気を使うようになったというわけです。

まずは大豆を取ることが高血圧対策(豆乳)

私の高血圧対策のキーワードは大豆です。大豆といっても大豆をそのものを食べるのではなく、大豆製品を食するという意味です。

血圧を下げるのに重要なのは、塩分の排出です。日本人の塩分摂取量は多く、塩分が多いと血流が悪くなり血圧は上がります。

私を含め、日本人の高血圧の原因は大体塩分摂取過多によるものです。そこで大豆製品の一つ、豆乳を飲むようにしました。

体内から水分が少なくなると血液はドロドロになって流れは悪くなります。そこでまず摂取しないといけないのは水分です。

豆乳なら水分摂取も出来ますし、大豆由来成分は高血圧や動脈硬化の予防をしてくれます。

大豆サポニンや大豆ペプチド、大豆イソフラボンとかがそれですね。

そして豆乳に含まれるカリウムは利尿作用がありますし、カリウム排出を促進します。

ただ、豆乳って売り場に行くと結構種類あります。バナナ豆乳や麦芽豆乳、カロリーオフの調整豆乳なんてのもあります。

私が飲んでるのは無調整豆乳というものです。ハッキリ言って豆乳の中だと一番美味しくないんですけど、その分豆乳成分が一番多く含まれています。

結構クセのある味なので万人にお勧めは出来ませんが、私は飲んでるうちに味に慣れてきましたし、今では毎日200ml程度の無調整豆乳を飲むようにしてます。

ヨーグルト入り味噌で味噌汁を作って高血圧対策

次に意識してるのはお味噌汁です。

味噌は大豆が原料とはいえ、塩分が多いですからね。

いくら大豆成分が高血圧に効くといっても、塩分過多で打ち消してしまいます。これを改善する為に行ってるのがお味噌ヨーグルトです。

どういうものかというと、お味噌にヨーグルトを混ぜるだけという簡単なものです。

私の場合、タッパにお味噌を適量入れます。大体1~3日分ぐらいのお味噌です。そこにお味噌と同量のヨーグルト入れる、つまり味噌1:ヨーグルト1にし混ぜ合わせます。

そして一晩冷蔵庫で寝かせれば、お味噌ヨーグルトの出来上がりです。

どちらも同じ発酵食品で相性が良く、ヨーグルトのおかげで味噌の味に深みが出ます。

出来上がったものを、お味噌と同じように使ってお味噌汁を作ります。するとヨーグルトの味はせず、料亭で出てくるような高級なお味噌汁の味になるんです。

当然普通にお味噌汁と食べるより美味しく感じるほどです。

この方法だとお味噌汁に使うお味噌の量は減りますから、塩分摂取量を減らせられます。またヨーグルトとお味噌の発酵により、高血圧への効果も強くなります。

私は無調整豆乳をお味噌ヨーグルトを食事に取り入れることで高血圧対策としています。

大事なのは無理しない高血圧対策

高血圧から来る病気って怖いですよね。いきなり脳の血管が切れて半身不随に・・なんてこともありえますからね。

私も特定検診を受け、人事じゃないと感じるようになって高血圧対策を頑張っています。

私なりのアドバイスは無理をしないことです。

無理に強いて何かを行うと、そのストレスは当然かえってきます。長続きしなかったり、その反動で食べ過ぎてしまったり・・て感じです。

ですので私は無理しない方法で高血圧対策としてるわけです。

豆乳自体普通に飲めたので無調整豆乳も今では普通に飲めてます。お味噌汁はお味噌ヨーグルトにした方が美味しいってぐらいですからね(手間はかかりますが)。

高血圧対策は色々ありますが、自分に合った方法を無理なく長く続けていくことが一番重要だと思います。

もともと高血圧傾向でしたが、食生活と運動で改善中です

こってり脂のラーメンを止めましたおじんたん。 36歳の男。生まれ育ちも岡山県、会社員をしています。

生まれつきの高血圧でありながら塩加減の強い食べ物が好き。

ラーメンや脂身など高血圧になりそうな食べ物が大好き…

そのため日頃から高血圧を少しでも改善できるような習慣を心がけています。

昼食はカット野菜とソイジョイのみで高血圧対策

私の高血圧対策は、まず1つ目はお昼ご飯を極力控えることです。

付き合いが多くなかなかお昼ご飯をコントロールする事は難しいですが、コントロールできる時は、例えばコンビニやスーパーで買えるカット野菜と、ソイジョイなどの栄養補助食品でお昼ご飯を済ましています。

カット野菜のみだとお腹が空きますが、ゆっくりと時間をかけて食べると意外にも夜まで持ちます。

またその際にかけるドレッシングもアマニ油を使用したドレッシングを使うなど、血圧上昇を抑える働きのあるものを使っています。

夜は家族でご飯を食べるため自分で選択する事は出来ませんが、自分で選べる昼ごはんについては、取り入れるものは全て気を遣って食べるようにしています。

大好きなラーメンも止めて、運動もしています

また塩分を控えるようにしないといけないので、大好きなラーメンは最近ではほとんど食べなくなりました。

以前は塩分たっぷり脂質たっぷりのスープも全て飲み干していました。

その頃は月に何度か心臓がキュッと痛くなり、しばらく身動きが取れなくなる時もありました。

しかし最近食生活を改善してからは、そのような事は一度も起こらなくなりました。

思えばこの心臓のいたみを放置していると、かなり取り返しのつかないことになっていたのでは…と思われます。

血圧は150前後でしたが、食生活の改善を図ってからは140前後にまで下がっています。

体重も3ヶ月で5キロ落ちました。

スタイルも良くなり、奥さんからも応援をしてもらっています。

あとは軽い運動も行なっています。仕事から帰って家の近くの長い坂をウォーキングしています。

高血圧対策の生活は精神的にも良い影響を与えます

高血圧の改善を意識し実行する事で、高血圧の改善以外にもさまざまなメリットが有ります。

欲望のまま食生活を野放しにするのではなく、摂生を意識する事で、健康への取り組みを強く意識する事ができます。

それによって精神的にも健康になれますので、是非とも高血圧の方は食生活の改善に取り組むべきだと思います。

スタイルも良くなり奥さんの評価も上がります。

お腹が引っ込むのでファッションなどへの興味も戻り、気分も前向きになれますよ。

ノロウイルスが元凶の感染性胃腸炎は…。

深い睡眠、同じ時間帯の栄養に配慮した食生活を意識してください。有酸素運動は、ターンオーバー機能や呼吸・循環器系機能をアップしてくれ、ストレスも減らしてくれるのです。
肺などにマズイ障害がない時でも、胸痛が出ることがあり、胸痛は命に関わるという思い込みから、かえって症状が強く出ることがあるらしいです。
ノロウイルスが元凶の感染性胃腸炎は、いつも起こっていますが、一際冬場に多く見られる症状です。人の手指を通して口から口へ移り、人間の腸内でその数を増やすのです。
健康に毎日を過ごせている人は、健康の大切さはわからないものです。健康の大切さについては、病気に襲われてようやく自覚するものだと言えそうです。健康に生活できるというのは、何と言っても嬉しいことですね。
膠原病は、多彩な病気を指す総称なのです。病気ひとつひとつで、そのレベルであったり治療方法も相違するのですが、原則臓器の元となっている細胞の、イレギュラーな免疫反応によるものだと指摘されています。

低血圧状態の人は、脚あるいは手指などの末梢部位に位置している血管の収縮力が悪くなって、血液循環も悪化するのが一般的です。簡単に言うと、脳に届けられる血液量も減少するとのことです。
乱れた生活パターンは、自律神経のバランスを崩す要因となり、立ちくらみを齎します。食事や就寝時間などは毎日毎日ほぼ一緒にして、一日の行動パターンを守るようにしましょう。
骨粗しょう症に関しては、骨を健全に保持する時に欠かせない栄養の成分であるカルシウム・ビタミンDやタンパク質などを十分取り入れていないことや、運動不足または飲酒喫煙などが元凶となって起きる病気だということです。
目に映る物が形が変わって見えてしまう白内障あるいは加齢黄斑変性など、十中八九年齢が原因だとされている目の病気は多々あるとのことですが、女性陣に特徴的なのが甲状腺眼症だそうです。
吐き気や嘔吐の要因となるものに関しては、重くない胃潰瘍とか立ち眩みなど、軽いものから、くも膜下出血を始めとした死ぬかもしれないという病気まで、一杯あります。

脳卒中を引き起こした時は、治療が終わってからのリハビリが欠かせません。とにかく早い段階でリハビリを実施することが、脳卒中になった後の快復を決定すると言っても過言ではありません。
ウォーキングと言うと、ほぼ体全体の筋肉、はたまた神経を鋭敏にする有酸素運動と呼ばれるものです。筋肉を鍛え上げるのに加えて、柔軟性も高めますので、筋肉痛にはならなくなります。
数え切れないくらいの人が、疲れ目というような目のトラブルで苦労しているらしいですね。その上スマホなどが原因となって、この傾向が増々強くなったと言えるのです。
ストレスをまともに受ける人は、通称「ストレス病」を発生しやすくなると指摘されます。毎日の生活を変更したり、ものの捉え方を変えたりして、状況が許す限り常日頃からストレス解消に頑張ってみてください。
動物性脂肪を摂取する機会が多くなり、血管内部に脂肪がたまってしまうことになり、時間をかけて血管が詰まり始めて、脳梗塞になるという順序が通例だとのことです。

膠原病と申しますと…。

甲状腺にまつわる疾病は、男女の罹患率に相当な開きが存在し、女性からしたら、バセドウ病などは男の人の5倍だと報告されています。であるため、甲状腺眼症についても女の人が意識してほしい疾病だと感じます。
大したことのない風邪だと放って置いて、大変な気管支炎に罹ることも頻繁にあるようで、高齢者の場合、気管支炎が元凶になってもたらされた肺炎のために死に至る症例が、死因の第3位になっているのは知っていらっしゃいましたか?
心臓病だと申しましても、色々な病気に分かれるのですが、中でも近頃増えつつあるのが、動脈硬化が原因で誘発される「心筋梗塞」だそうです。
生活習慣病と言いますと、肥満または糖尿病などが代表例で、過去には成人病と名付けられていたのです。過食、晩酌のし過ぎなど、誰がなんと言っても常日頃の食の状況が思っている以上に関係してくるのです。
空気の通り抜けが厳しいという症状が続いていないでしょうか?顧みないでいるとなると、悪くなって合併症に結び付いてしまう危険も否めません。不安な症状が出たら、専門病院に行ってみましょう。

高血圧だと指摘を受けても、自覚症状があるという人は皆無に等しいです。ところが、高血圧状態が長期化すると、その影響をまともに受けてしまう血管又は臓器には、多種多様な合併症が出ることになるとのことです。
吐き気もしくは嘔吐の原因につきましては、一過性の胃潰瘍とか立ち眩みなど、重症ではないものから、くも膜下出血を始めとしたすぐ死に至るような病気まで、いろいろあるのです。
咳というと、気道の中に蓄積されてしまった痰を外部に出す働きをします。気道の一部でもある粘膜は、線毛と命名されている微細な毛と、表面が乾くことがないようにする粘液があって、粘膜を防御しているわけです。
糖尿病だと指摘される数値の範囲ではないが、正常値だとも断言できない血糖値状況を境界型と呼びます。境界型は糖尿病とは違いますが、近い将来糖尿病だと診断される危険性がある状態です。
肺などに恐ろしい症状がないケースでも、胸痛が生じることもあって、胸痛は危険だという定説から、輪をかけて症状が強まることがあるとのことです。

女性ホルモンにつきましては、骨密度を保つ作用をしており、女性ホルモンの分泌が減少し出す50代前後に骨粗しょう症に罹りやすいというのが一般的です。
現在では医療技術も大きく前進して、できるだけ早急に治療を開始するようにすれば、腎臓の機能の落ち込みを防止したり、遅くしたりすることができるようになりました。
膠原病と申しますと、多岐に亘る病気を示す総称だそうです。病気が違うと、そのレベルであったり治療方法も相違するのですが、原則として臓器の一部分である細胞の、普通じゃない免疫反応が影響を及ぼしているそうです。
腎臓病に関しましては、尿細管であるとか腎臓の糸球体がおかしくなることで、腎臓の性能が低下する病気だと言えます。腎臓病には結構な種類があって、各々元凶や症状に差が出るようです。
笑いますと副交感神経の作用が一段と強まって、ストレスホルモンの分泌が抑制されますので、脳の温度が下がります。代わりに、ストレスを受けますと交感神経の作用が強くなり、脳の温度が上がると発表されています。

体を動かさず…。

肺などに深刻な心配の種が見られない時でも、胸痛に災難われることもあり、胸痛は命に関わるという恐怖心から、更に症状が酷くなることがあるようです。
当然ですが、「ホメオスタシス」が正しくその力を出さないことだってあり得るのです。そういった状況にある時に、身体の快復のお手伝いをしたり、原因を駆逐する為に、医療品が用意されているのです。
個々人にあった薬を、ドクターが提供すべき数量と期間を見極めて処方するということになります。適当に、摂り込む回数を減少させたり止めたりするようなことはしないで、指示を守って飲むことが要されます。
運動をやった折に、筋肉が痛みに見舞われるという状態が、筋肉痛と言われるものです。どうかすると、運動だけに限らず、単に歩くことさえ嫌になるほどの痛みが生じることもままあります。
特定保健用食品(トクホ)に限らず、豊富にあるサプリメントや健康食品類は、ひとつ残らず「食品」の範疇に入れられており、姿・形は一緒だとしても薬だと言っては法律違反になります。

発見が遅れるほど、死亡する率がアップする肺がんのなによりのデンジャラス因子は喫煙で、愛煙家が肺がんになってしまう確率は、喫煙していない人と対比して10倍を軽く超すこともあると聞かされました。
お腹の部分がパンパンになるのは、お胸便秘あるいは腹部にガスが溜まることが要因です。こんな症状が出る元凶は、胃腸が十分に働いていないからだとのことです。
胸が重苦しい症状のみならず、息切れが頻繁に起こるという場合は、「心不全」の可能性があります。直ぐに病院に行くべき病気の一種になります。
体を動かさず、暴飲暴食が日常茶飯事で、コレステロールの多い品が一番好きという人、ほとんど脂肪分と言えるような高カロリーな食品を好んで食べる人は、脂質異常症に陥ってしまうと言われます。
自律神経とは、自分自身の意識に因らず、オートマティックに体全部の機能を一定に保有する神経で、「自律神経失調症」と言われるのは、その機能がひどくなる病気なのです。

数多くの症状が存在する中で、胸部付近で痛みが伴う時は、生命に関連する病気に陥っていると考えて医者に行った方が賢明です。痛みが出始めた時期はいつごろか、痛みを感じる部位とそのレベルなど、間違いなく担当医に告げることが必要不可欠です。
医療用医薬品となると、定められた期日内にみんな服用してしまうことが求められます。ドラッグストアなどで販売している医薬品は、取説に載っている使用期限を確かめてください。未開封だったら、原則使用期限は3~5年でしょうね。
インフルエンザウイルスに触れることで、罹患してしまう疾病がインフルエンザだということです。頭痛や関節痛、高熱がなかなか下がらないなど、多種多様な症状が急に出現するのです。
本当のことを言うとほとんど浸透していないのですが、ぜんそくを見過ごせないのは、生命を奪われてしまうリスクのある病だとわかっているからです。一年の間に、おおよそ2000人の罹患者が、ぜんそくの発作で最後を迎えていると報告されています。
近所にある薬局などを眺めていると、有り余るほどのサプリメントがありますが、不足気味の栄養素はそれぞれで違っています。あなた自身は、自らに不可欠な栄養成分を理解されていますか?